クレジットカード

投資

楽天証券ジュニアNISAでクレジットカード買付ができない時の解消法は?

 ジュニアNISAはクレジットカード買付できないの?

どうやって買付ればいいの?

こんなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

・ジュニアNISAとは

・なぜ、クレジットカード買付ができないのか?

・ジュニアNISAの買付方法

 

本記事の信頼性

・楽天証券で「投資信託(S&P500)」と「米国個別株」で資産運用しています。

・ジュニアNISAでは「投資信託(S&P500)」を積立買付中。

・確定拠出年金も「投資信託(MSCI-KOKUSAIインデックス)」と米国株式を中心に運用!

・日本株は会社の「持ち株(会社より8%支給)」のみ保有(毎月給料天引き購入)しています。

 

1.ジュニアNISAとは?

ジュニアNISAとは、2016年度から始まった未成年者を対象とした少額投資非課税制度です。

 

■概要

・対象:未成年者(0~19歳)

・非課税投資枠:年間80万円分

・非課税対象:上場株式、株式投資信託等の配当・譲渡益等

 

詳細は、金融庁HPをご覧下さい。

 

ジュニアNISAは、「非課税」で0歳から資産運用ができるとても魅力的な制度です。

0歳から始められることで、複利効果の最大化が狙えます!

複利効果は以下の記事で、詳しく解説しています。

複利の力で老後問題は解決!(月1万円積立で2,000万円達成)

老後資金2,000万円はどうやって資産形成すればいいだろう? という疑問を解決できる記事です。 複利(投資)の力を理解し、積み立て投資を実際に行うことで老後資金(2,000万円問題)は解決できます! ...

続きを見る

 

2.なぜ、クレジットカード決済で買付できないのか?

ジュニアNISAで、クレジットカード決済買付できない理由は、子どもクレジットカードでないとダメだからです。

未成年のジュニアNISAの管理は、親になりますが、「子ども名義」のクレジットカードでないと手続きできません。

そもそも、クレジットカードは満18歳以上でないと申し込みできません。

つまり、「0歳〜17歳」はクレジットカード決済による買付は不可です。

 

三菱UFJニコスのHPより抜粋

・年齢:クレジットカードは満18歳以上から申し込み可能

*高校生は除く。

*18歳以上でも未成年のうちは、申し込みにあたって親権者の同意が必要。

 

クレジットカードを利用できるのは、高校卒業後の「18歳〜19歳」の僅かな期間のみです。

そのため、ジュニアNISAを始める方のほとんどの場合(0歳〜17歳)は、楽天証券口座に「子ども名義の口座」などから入金し、買い付ける方法となります。

 

3.ジュニアNISAの買付方法

ゆうちょ銀行から楽天口座に入金する方法を解説します。

紹介する方法を活用すれば、入金手数料はかかりませんので、安心ください。

 

(1)ゆうちょ銀行でインターネットバンキングを登録する

ゆうちょ銀行のHPから、ゆうちょダイレクトの新規利用申し込み手続きをして下さい。

「子ども名義口座」または「登録親権者名義口座」であれば入金できます。

手数料無料で楽天証券の口座に入金するには、いずれかの口座で「ゆうちょダイレクト」の申し込みが必要です。

ただし、「登録親権者名義口座」から入金する場合は、贈与となり税制が絡むため注意が必要です。

 

申し込み方法は、WEB、電話、書面の3種類あります。

WEB申し込み」が、効率性の面からお勧めです。

申し込み方法は、WEBで進める場合は、ゆうちょダイレクトの画面の指示に従えば、簡単できますので詳細は割愛します。

1点だけ補足ですが、ゆうちょダイレクトで使用するメールアドレスは、私は「子ども」のものを使用しました。

 

(2)楽天証券のHPにアクセスし、入金を行う

①「ゆうちょ銀行」から「楽天証券口座」に入金

子ども名義の楽天証券のIDとPASSでログインします。

画面最上部の右側にある「マイメニュー」から、「入金」を選び、ゆうちょ銀行から入金を行います。

詳しい操作方法は、「未成年口座への入金方法」からご確認下さい。

 

案内通り操作を進めると、自動で「ゆうちょダイレクトのHP」に遷移します。

 

ゆうちょダイレクト上の案内通りに処理を進めると、リアルタイムに無料で入金ができます。

ゆうちょ銀行の送金の当初上限は「5万円」に設定されているため、日々送金するのが面倒な方は、上限変更手続きが必要です。

少々手間ですが、一回設定すれば、設定後は上限が「30万円」となりますので、送金の効率化ができます。

 

②楽天証券の「総合口座」から「ジュニアNISA口座」にお金を移す

入金は「未成年総合口座」にされるため、「ジュニアNISA口座」に預かり金を移しましょう。

操作方法は画像の通りです。

 

総合口座からジュニアNISA口座へ移す

 

■操作方法

①「ジュニアNISA」をクリック

②「未成年総合口座の預かり金を移す」をクリック

 

その後の処理は、案内の通りに進めれば入金処理は完了です。

これで、スポット購入や積み立て購入ができるようになりました!

 

4.まとめ

ジュニアNISAで、クレジットカード決済で買付を行えるのは、18〜19歳の方のみです。

理由は、クレジットカードは18歳以上しか持てないからです。

 

0〜17歳で買付をするには、銀行口座から証券口座に入金するしかありません。

ゆうちょ銀行は、ゆうちょダイレクトに登録しておくことで、無料で楽天証券のサイトから入金が可能です。

 

これで、ジュニアNISAで投資信託や株の買付が可能となります!

 

運用開始が早ければ早いほど、複利効果で、資産をどんどん拡大できます。

今からすぐに買付しましょう。

では、また!

  • この記事を書いた人
アバター

MLP

サービス業のマネジメントに従事しているアラサー会社員です。 このブログを通して、読んで頂けた方の人生に「少しでもプラスの影響」を与えられればと考えています。日々の学びをこちらで発信していきますので、どうぞよろしくお願いいたします!

-投資

Copyright© MLP(MyLifePlus) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.